女性のためのレディースキャッシング

レディースローン、レディースキャッシングとはいっても、その審査は通常のキャッシングやローンと変わりません。パートやアルバイトなど安定的な収入がある方は、その収入をもとに借りることができますし、専業主婦の場合は、家族の収入をもとに、レディースローンの会社に審査をされるのです。

ただ、レディースローンは比較的少額の借り入れが多いということもあるからか、審査は緩めのところもあるようです。60秒で審査完了などとうたっているところや、申し込みから即日で融資が受けられるところも数多くあり、お急ぎの方にも使い勝手は良いかもしれません。

審査といっても、いくつかの質問に答えるだけであっさりと通ってしまうこともあるでしょう。ただ、審査がやさしいからといって借入額をどんどん増やすと結局は自分に返ってきます。計画的に、無理のない返済プランを考えておくのは大前提ですね。

レディースローンの会社によっては審査後の連絡を個人名でしてくれるなど、「家族に知られたくない」という要望にこたえてくれるところもあります。審査の厳しさうんぬん、も大切に思えますが、こうした配慮のあるところを選ぶ、というのもひとつの基準かと思います。

短い期間で返済が可能な方や、これまでの利用歴がさほどない方であれば、初回に限り数ヶ月間は利息ゼロ、なんてプランのある会社もあります。はじめて使う場合は、こうした特典をチェックして賢く利用するのも良い方法です。
レディースローンやレディースキャッシング、実際に申込を行うにはどのような手続きをすればよいのでしょうか?

近年、申込はとても簡単になっており、インターネットで入力して申し込むと電話があり、いくつかの質問のあとすぐに融資してくれるような、スピード感のある対応をする会社が多くなっています。

電話一本で融資可能なところも多く、申込といってもいまや、必ずしも来店の必要はありません。従来よりずっと気軽に申し込めるところが増えているのが、最近の傾向です。

レディースローンは女性をターゲットとしたローンやキャッシングのことをいいますが、これらの申込に対応してくれるスタッフも、女性を配置している会社が多いようです。

確かに、ローンやキャッシングのために電話したり来店するのは抵抗がある、と言う方は特に女性には多いのではないでしょうか。そんなとき、同じ女性が丁寧に対応してくれれば、不安も少し和らぎますよね。

また、「家族に内緒で借りたい」などの要望にも、女性ならではのきめ細かさで配慮してくれる場合が多いようです。

いま、多くのレディースローンでは、インターネット上や電話一本で申込ができるようになっています。

気軽な反面、その場で融資が簡単に決まってしまうので、申込をする際にはさまざまなレディースローンやキャッシングを比較し、利息や限度額、借り入れ後のサポートなどを総合的にチェックして、「ここで借りる」ということを決めてから行うほうが良いと思います。

レディースローンを検討中の方のなかには、あらかじめ口コミを調べるという方は多いのではないでしょうか。サービスでも商品でも、口コミの良いものをチェックするのはもはや常識ですよね。

調べてみたところ、口コミの良いレディースローンはやはり大手、よく聞く会社が多かったです。プロミスのレディースキャッシング、新生銀行のレディースレイク、などが口コミが多く寄せられているところではないでしょうか。

スピーディな融資と、丁寧な対応が好感のポイントのようです。実際に見てみると、これらは借り入れ後のサポートもよく、インターネット上のサイトの使い勝手も良さそうです。

ただ、あくまで口コミは「その人にとって良いサービスであったかどうか」の指標。借りたい額も、返済したい時期も、もともとの経済状態も人によって異なりますので、口コミはひとつの参考程度に利用し、自分に合うレディースローンをじっくり探すと良いと思います。

探す際には、「利息」「融資までの時間」「限度額」など客観的な指標も確認を怠らず、借り入れ先を選びましょう。

レディースローンやレディースキャッシングは女性をターゲットにしており、利息は多少低いサービスもあるようですが、一般のローンより高く設定してあるものもあります。「女性向け」という言葉と、女性スタッフの優しい対応だけで決めず、一般のローンやキャッシングとも比較の上、お得なものを選ぶことがオススメです。

レディースローンを選ぶ理由とはなんでしょうか?

世の中には女性向けのサービスや商品は数多くありますが、女性向けに作られたローンやキャッシングを総称して、レディースローンといいます。ただ、基本的な仕組みは他のローンやキャッシングと大きく変わるところはありません。では、なぜ今、レディースローンは人気なのかを考えてみましょう。

大きな理由としては、パートやアルバイトで働く主婦や専業主婦、水商売の方などは通常のカードローンでは審査がおりにくいですが、レディースローンだと比較的審査に通りやすいということが上げられます。ただ、専業主婦の方はちょっと特殊ですので、「http://xn—-d8t6ie7a7809ay0cr81a5jdpp0cs36g.com/」こちらのサイトを確認しておいてください。

これまで「返済能力が低い」とみなされていた、上記のような状況の方でも、配偶者の収入や、パートなどで安定的な収入がある方は審査が下りやすいのです。

配偶者の方の収入も極端に低かったり、パート収入も不安定であればさすがに「返済能力がない」とみなされてしまいますが、従来のカードなどの基準から考えると、主婦やパートタイマー、不安定な職業の方に対して広く門戸は開かれていると思ってよいでしょう。

いったん主婦になり家庭に入ってしまうと、自分の名前でカードが作れなかったり、ローンを組めなかったりという悩みを持つ方は多いと思いますが、そういう方に活用されているようです。

また、女性専用というだけあり、スタッフが女性であることも選ばれる理由のひとつ。もしもの時でも相談しやすいという利点もありますし、借金に抵抗がある方でも最初の受付をしてくれるのが同じ女性、ということで、不安を軽減する効果もあるようです。

レディースローンに関する情報は、インターネット上だけでもたくさん得ることが可能です。レディースローンというとソフトな印象を持つ方がいるかもしれませんが、ローンやキャッシングなど、借金のひとつであることは確かです。

利用する際は、あらかじめ情報を集めて自分にぴったり合う借り入れ先を選び、無理のない返済計画を立てる必要があることは大前提です。

情報を集めれば、自分の状況に合ったレディースローンを選ぶ助けになります。利息や借り入れ期間などの条件はもちろんのこと、融資を受けていることを家族に知られたくない場合にそのような事情に配慮してもらえるか、など細かい対応の部分も「利用者の口コミ」などをもとに知ることも可能です。

レディースローンの情報を調べる際にオススメの方法が、レディースローンだけに絞らず女性専用でないキャッシングやローンなどの条件も一緒に調べておくこと。

これで、女性専用のレディースローンが条件としてお得なのかを見極めることもできます。女性専用でないキャッシングやローンで、条件がより良く、審査も通りそうなところがあればそれをチョイスすればよいだけのことです。

また、こうした借り入れ先を選ぶ際、気になるのが「危ない業者ではないか?」ということだと思います。あまりに知名度の低いところや、審査が簡単でも利息が高いところは避けたほうが良いでしょう。

そうした観点から多角的に情報収集することで、危険を避けることも可能です。

 

続きを読む

少し稼ぐ、少し節約でお金を増やしました。

お金がなくて困った時、二つのことで対策をとりました。一つ目は日払いのバイト、もう一つは家計簿の見直しです。
以前周りの友人の結婚ラッシュが続き1カ月に3回結婚式に出席することがありました。

私は結婚を機に仕事をやめていたのでお金と言えば以前働いていた時の貯金くらいしかありませんでしたがそれもだんだん使い減らしていたので非常に困りましたが、どの結婚式も大切な友人のものであったので出席にしていました。

友人に送る祝儀は親や主人に借りずに自分で払いたいと考えていたのでアルバイトを探そうかと思いましたが、バイトを始めると今度は数か月後の結婚式に出られなくなると思い日雇いのアルバイトを探しました。

最近ですとSNSで気になるお店(個人経営や小さな店舗)をチェックしていたら、商品の記事以外にその日だけ人が足らない時などに緊急アルバイト募集をしていることがあります。まずはそこから確認して行ける日にちに参加しました。

そこでまたコミュニケーションをとり、その中でお金が必要な事情を話すと気のいい人ならその後もちょこちょこお仕事の話をくださったり、また、知り合いの店を紹介してくださったりよくしてくれました。さらにSNSで日雇いのバイトを探していると友達のみに発信していたら、友達つてにアルバイトの話をもらい、そこで働きました。

また、これも意外と役立ったのですが、家計簿を見直してお金の節約に取り組みました。過去5か月くらいの家計簿を見直してどのジャンルでお金を使いすぎているか、また、普段食費や服などどこにいくらかけているかをチェックして家計の無駄をなくしました。

例えば食費がだいたい2人で2万5千くらいだったのですが、昼食を外食させていたことが多かったので、今月から2万ほどでおさえるために計画的に買い物したりおかずの冷凍をしたりして節約しました。

交際費以外は節約でなんとかなるので無理せず削り前月までの平均家計より5万円は減らすことができました。そこで節約できたお金を今度の結婚式の移動費や服、美容代にあてることを旦那と交渉し、祝儀以外をそこから出してもらえました。

そのおかげでその時の結婚ラッシュを乗り切ることが出ましたが、それ以降もお金の必要な時にこの二つで対応しています。

続きを読む